メキシコのサンクリストバル・デ・ラス・カサスにある小さな日本人宿


 


Pension alegreについて


”Pension alegre”は、メキシコのチアパス州・サンクリストバル・デ・ラス・カサスにある日本人夫婦の経営する宿です。
“alegre”とは、”明るい、嬉しい、楽しい、面白おかしい、幸せ、ご機嫌”等を意味するスペイン語です。
すべての人が楽しく居心地良く健康に暮らせる空間を目指しています。

2017年11月4日OPENしました

 


料 金

ドミトリー1泊…………….150pesos
個室1泊……………………300pesos

当宿は平家の一軒家です。客室は全6部屋。男子・女子ドミが1部屋ずつ(各3人まで)、
他の4部屋は全て2人部屋です(ドミとしても個室としても利用可。全て一段ベッド)
ホットシャワー&トイレは二箇所有(共同)。

朝食&コーヒー付 / 無料WIFI / 夕食あり(有料・週に数回)/ 貴重品BOX
キッチン完備 / 洗濯場(手洗い可) / ドライヤー貸し出し / ミネラルウォーター
その他、情報ノート、掲示板などもあります

 


宿までのアクセス

《 住所 / direccion 》

Flavio A. Paniagua 69, Barrio de Guadalupe, San Cristóbal de las Casas, Chis.Mexico
(フラビオ アー . パニアグア セセンタイヌエベ(69)、バリオ デ グアダルーペ)

《ご注意》当宿の並びに番地「69A」「69B」がありますがうちはただの「69」になります。
以前ティエンダ(売店)だったので表には屋号「CANCINO」とSOLマークそのままです。

▶︎ADDやOCCなどのバスターミナルから徒歩22分(1.7km)、
 タクシーだと約10分ほど(運賃の目安:35〜40pesos)

▶︎セントラルパルケから徒歩12分(1km)
▶︎最寄りのメルカド(市場)までは15分(1.2km)

《 電話 / numero telefono 》
967-120-3088
※日本からの場合は頭にメキシコの国番号「52」を付けておかけ下さい

 


オーナーについて

10秒で描いた似顔絵

30代の夫婦です。2014年暮れにメキシコシティのペンションアミーゴで出会い結婚。
▶︎夫・佐藤
高円寺生まれの山形育ち。元洋食屋のコック。20代後半から6年半、一度も帰国せず陸路での世界一周へ。
のちメキシコへ移住。忍耐強い。得意なのは刺繍と卵料理。

▶︎妻・ひろみ
元デザイナー&イラストレーター。東北生まれの東京〜鎌倉育ち。イベント好き。
人の集まる空間を作りたくて辿り着いたメキシコ。興味あることに飛びつく速さは異常。写真、動物、文章、料理、散歩が好き。
▶︎犬&猫
犬(パンディータ。パンダ柄の甘えん坊の♀)と猫(ネコ先輩。マイペースで沈着冷静の♂)がいます。